V2H
①V2H.png

V2Hとは「車(Vehicle)から家(Home)へ」を意味します。その名の通り、電気自動車に蓄えられた電力を、家庭の電力として使用する方法です。EVが走る蓄電池となって「つくる・ためる・かしこくつかう」に貢献します。

全世界でガソリン車廃止の取り組みが進んでおり、今後は電気自動車が主流となってくる時代です。今後はこの電気自動車の蓄電池を活かし、電力の自家消費や災害に備える時代になってくると言われています。

V2Hのしくみ
​昼間
⑦V2H(日中).png

①太陽光発電システムでつくられた電力を家庭内で使用
②太陽光システムの余剰発電電力を電気自動車に充電

③さらに余剰発電電力を電力会社に売電

夜間
⑧V2H(夜間).png

①電気自動車に貯えられた電力を家庭内で使用

②夜間の安い電力を電気自動車に充電

停電時 ​昼間

①太陽光発電システムでつくられた電力を家庭内で使用

②太陽光発電システムの余剰発電電力を電気自動車に充電

⑨V2H(停電日中).png
停電時 夜間

①電気自動車の充電電力を家庭内で使用

⑩V2H(停電夜間).png
①知ってる?.png
V2Hのメリット
​災害対策
①災害対策 安心.png

停電時は、日中太陽光システムで発電した電気を電気自動車に貯め、夜間に家庭内で使用することができます。

また自宅で充電できるため、災害が発生した中ガソリンスタンドに出向く必要もありません。

自給自足

太陽光システムで発電した電力をV2Hで電気自動車に貯めることで、なるべく電気を買わない生活を送ることができます。電力を自給自足することで、経済的なだけでなく、環境にやさしい取りくみとなるのです。

①自給自足.png